沿革

和歌山住まいの研究会は、平成4年に発足以来多岐にわたり「住まい」に関しての研究活動・情報交換を積み重ねてまいりました。
新たな顧客ニーズの創出、住宅・不動産の資質向上や新情報発進力の創出など。
また、不動産に関連する多種多様な事業を展開し、研究成果の発信と成果の普及に努めています。
私たちは和歌山県下において不動産業に携わる者として、消費者に対してより公正で便利なサービスを提供すべく、自発的に勉強し業務を改善することを目的として研鑽している任意団体です。

  • 平成 4年(1992年) 「一日会」発足 (現 和歌山住まいの研究会)
  • 平成11年(1999年) 「和歌山住まいの研究会」に改称

歴代会長

平成10年度 北村 雅信
平成11年度 佐藤 義記
平成12年度 谷川 義治
平成13年度 池本 博文
平成14年度 高田 厚
平成15年度 西島 靖
平成16年度 植田 好紀
平成17年度 東 作司
平成18年度 井口 俊行
平成19年度 和田 静佳
平成20年度 西島 靖
平成21年度 地道 邦治
平成22年度 佐藤 義記
平成23年度 長尾 康司
平成24年度 西川 純司
平成25年度 田村 宣明
平成26年度 北山 正裕
平成27年度 宮田 菜保子
平成28年度 松下 誠
平成29年度 岩槻 政文
平成30年度 中川 泰典
平成31年度 鳥崎 寛司
令和02年度 安藝 和仁
令和03年度 小畑 栄也

会長所信

今般、全国的に新型コロナウイルスが蔓延している中、会員の皆様方に於かれましては日々業務での不便を感じている事と思います。
今年度和歌山住まいの研究会に於きましては、正しい知識で感染症予防対策を行い、毎月の事業開催に向けて取り組んでいきたいと考えております。
しかしながら、本会のように会員が集まって事業の開催を行う事も様々なご意見がある事も承知しており、場合によっては事業中止せざるを得ない事も十分に考えられます。この様な状況も踏まえ、各会員様には今まで以上にご不便を掛ける事もあるかと思いますが、何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

本年度、和歌山住まいの研究会方針

【和歌山を元気に】をキャッチコピーに、例年の定例事業である宅建・建築住宅・研修・会員交流に加え新たに歴史研究部を設立させていただきました。
過去に様々な研究や勉強会を開催してまいりましたが、改めて地元わかやまの歴史を学び、より一層愛着を深めてもらえれば良いのではないかと考えました。
その上で、本事業に加え和歌山のために地元貢献・社会貢献を目的とした対外事業を取り入れていく事を今後の本会の基軸とし、少しでも地域発展に繋がっていけばよいのではないかと考えております。
更に本年度は住まいの研究会創立30周年の節目の年でもあり、私自身も身の引き締まる思いであり、今後本会の40周年・50周年を迎える将来に私たち皆で足跡を残していける、引き継いで行ける様な事業を行いたいと考えております。
そこで、本年度は30周年記念事業実行委員会を立ち上げ、将来に向けた本会の成長と繁栄、地元わかやまへの地域貢献、快適なまちづくりを目指し実行したいと考えております。

コロナウイルス感染症予防対策として基本的考え

  1. 基本的にはソーシャルディスタンスを確保できる広い会場での事業開催とするが、オンライン事業開催も視野に入れ対応する
  2. 飲食を伴う事業や、事業開催後の懇親会につきましては、感染症の収束状況を鑑み随時対応を検討する

各部の構成と基本方針

  • 総務広報部・・・総会・全体メール配信・名簿管理・HP管理・Facebook管理等
  • 会員交流部・・・会員間レクリエーション事業の開催及び、チャリティー活動
  • 歴史研究部・・・わかやまの歴史に関する研究
  • 研修部・・・・・知識向上研修・社会貢献事業
  • 宅建部・・・・・宅建知識向上に向けた勉強会・県下の空き家対策関係等
  • 建築住宅部・・・各世代のニーズ合った設計・建築の考え方・空調システム等

毎日のように暗いニュースばかりが報道される中、少しでも会員の皆様には元気にという思いを込め、全員が意識を共有し、協力し参加できる事業として、本年度は取り組んでまいりたいと考えております。
我々は、住まいに関わるプロの集団として、決して自己満足で終わることなく、対外発信・知識向上・モチベーションアップ・わかやまへの社会貢献を含め全員で成長していける様に、皆様と共に邁進していきたいと考えております。

和歌山住まいの研究会
2021年度会長 小畑 栄也