沿革

和歌山住まいの研究会は、平成4年に発足以来多岐にわたり「住まい」に関しての研究活動・情報交換を積み重ねてまいりました。
新たな顧客ニーズの創出、住宅・不動産の資質向上や新情報発進力の創出など。
また、不動産に関連する多種多様な事業を展開し、研究成果の発信と成果の普及に努めています。
私たちは和歌山県下において不動産業に携わる者として、消費者に対してより公正で便利なサービスを提供すべく、自発的に勉強し業務を改善することを目的として研鑽している任意団体です。

  • 平成 4年(1992年) 「一日会」発足 (現 和歌山住まいの研究会)
  • 平成11年(1999年) 「和歌山住まいの研究会」に改称

歴代会長

平成10年度 北村 雅信
平成11年度 佐藤 義記
平成12年度 谷川 義治
平成13年度 池本 博文
平成14年度 高田 厚
平成15年度 西島 靖
平成16年度 植田 好紀
平成17年度 東 作司
平成18年度 井口 俊行
平成19年度 和田 静佳
平成20年度 西島 靖
平成21年度 地道 邦治
平成22年度 佐藤 義記
平成23年度 長尾 康司
平成24年度 西川 純司
平成25年度 田村 宣明
平成26年度 北山 正裕
平成27年度 宮田 菜保子
平成28年度 松下 誠
平成29年度 岩槻 政文
平成30年度 中川 泰典
平成31年度 鳥崎 寛司
令和02年度 安藝 和仁
令和03年度 小畑 栄也
令和04年度 笹田 剛史

2022年度 会長所信

まだまだ、全国的に新型コロナウイルスが蔓延している中、会員の皆様方に於かれましては日々業務での不便を感じている事と思います。
今年度も和歌山住まいの研究会に於きましては、正しい知識で感染症予防対策を行い、毎月の事業開催に向けて取り組んでいきたいと考えております。
しかしながら、本会のように会員が集まって事業の開催を行う事は前年同様、場合によってはzoom 開催等変更せざるを得ない事も十分に考えられますが、何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

本年度、和歌山住まいの研究会方針

本年度は【繋がり】をスローガンに挙げたいと考えております。
コロナ禍で人と人との繋がりがどうしても希薄になってしまっている中で、和歌山住まいの研究会でも、より多くの会員間での繋がりを持つ機会が減ってしまったようにも思います。本年度は事業での集まりによる交流はもちろんですが、各部での小規模の集まりをより活発化させ、各部内での繋がりをより強いものにして頂き、普段の業務とは違う取り組みを各部の皆さんで検討し、行うことにより、会員の交流を深めていければと考えています。

そのため各部の集まりに事業予算とは別に、飲食店等での各部の集まりに使って頂く部会運営費として予算を一部計上し、1年間を通して各部を活性化させたいと思います。
また新たに事業部活性化相談役を各部に作り、歴代の和歌山住まいの研究会の会長達に担って頂き、各部長をサポートしながら各部会の活性化を図って頂きたいと思います。

本年度の部としましては、例年の定例事業である総務部・宅建部・建築住宅部・研修部・会員交流部に加え新たに地域社会貢献部・金融教育部・グローバル部を設立させて頂きました。

まず、地域社会貢献部としましては、前年より地元貢献・社会貢献を目的とした対外事業を取り入れており、昨年は和歌山城の清掃活動を行いました。本年度も引き続き、地元和歌山に貢献出来る事業を皆さんと行いたいと考えております。

続いて、金融教育部としましては、本年2022 年度より高校の新学習指導要領として、株式や債券、投資信託などの金融商品の資産形成について高校の授業で教えることになりました。
その背景には、老後2000 万円問題として、各個人が老後の30年間で約2000 万円が不足すると言われている内容で、現働く世代の我々が真剣に考えなければならない問題としてあり、改めて資産形成を学ぶきっかけとなる事業として取り組みたいと考えております。

そして最後にグローバル部を設立しました。
先ほどの金融教育にもつながるのですが、世界的に見ると日本は発展した国ではありますが、島国であるが故に、個人と他の国の人との交流が少なく、グローバルな教育や考え方などが、まだまだ乏しく馴染みのない事が多いと思います。
不動産に関しても日本では購入した不動産が値上がりすることは、そうそう現代では無いですが、海外では不動産投資が活発に行われていたり、また現在新たに注目されつつある、仮想空間上でのブロックチェーンを活用した仮想不動産の売買など、全く知らないことが多いです。そういった面を養うためにも世界に目を向け、少しでもグローバルな考え等に触れるきっかけになればと思っております。

コロナウイルス感染症予防対策として基本的考え

  1. 基本的にはソーシャルディスタンスを確保できる広い会場での事業開催とするが、zoom のオンライン事業開催も視野に入れ対応する。
  2. 飲食を伴う事業や、事業開催後の懇親会につきましては、感染症の収束状況を鑑み随時対応を検討する。

各部の構成と基本方針

  • 総務部・・・・・・総会・全体メール配信・名簿管理・HP管理・Facebook 管理等
  • 会員交流部・・・・会員間レクリエーション事業、会員交流活動(ゴルフ等)
  • 研修部・・・・・・知識向上研修(国内研修旅行)
  • 宅建部・・・・・・宅建知識向上に向けた勉強会
  • 建築住宅部・・・・高性能住宅に関する建築の進歩・住宅仕様等
  • 地域社会貢献部・・ボランティア活動・社会貢献(地域清掃や献血活動等)
  • 金融教育部・・・・金融教育・資産形成のための勉強(投資による資産運用等)
  • グローバル部・・・世界に目を向けた知識向上(海外不動産等)

和歌山住まいの研究会は、30周年を過ぎ、会員数は約80人規模の大所帯となりました。
しかし、新しく入会された方等まだまだ会員同士の繋がりが乏しいのが現状です。
そのためにも、コロナ禍ではありますが、WITH コロナで、小規模でも会員同士の交流を増やし、また一人一人の繋がり増やし、本業に少しでも繋がるきっかけとなればと考え
ております。
そして、その繋がりの輪を広げて会員全員で和歌山を盛り上げ、成長し、邁進していきたいと考えておりますので皆様どうぞ宜しくお願い致します。

和歌山住まいの研究会
2022年度会長 笹田 剛史